【頭皮湿疹専用シャンプー】頭皮のかゆみが酷くかさぶたが沢山の方へ!

頭皮のかゆみが酷くかさぶたが沢山の方へ!

頭皮がものすごくかゆくて、かきすぎた後はかさぶたになっている!



そのかさぶたが、フケのようにポロポロ落ちてくる・・・・

イライラすると、頭がかゆくなったりもします。

もしかしたら、その症状 頭皮湿疹 かもしれません。

毎日、髪を洗っているのに、かゆみやふけが止まらない。

頭皮湿疹は、自宅でできるセルフケアについてご紹介します。

頭皮湿疹の症状

頭皮が赤くなって、ものすごく かゆみを伴う症状を「頭皮湿疹」といいます。



イライラすると、つい頭をぽりぽりかいていませんか?

頭皮の状態は次のようになっているはずです。


>頭に赤い湿疹またはニキビができている

>毎日洗っているのに、頭皮がかゆく治まらない

>頭をかくと、ぼろぼろと大量のフケが落ちる

>髪の根元に大きな、かさぶた がある


これらの症状が該当します。

頭皮湿疹は、4つのタイプがあります

脂漏性皮膚炎




カサカサとしたフケが多いのが特徴として挙げられます。

頭以外の額や鼻、脂が集結しているTゾーンが赤くなっている場合、脂漏性皮膚炎の可能性が高いでしょう。

脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が活発的に行われる場所に現れやすく、マラセチア属の酵母菌が関連している場合もあります。


皮脂欠乏性皮膚炎




過度なシャンプーによる「乾燥」が原因で頭皮湿疹を起こしている場合、皮脂欠乏性皮膚炎の可能性があります。

頭皮もお肌と同じで、乾燥をそのまま放置しておくと、かゆみや湿疹の原因に。

皮脂欠乏性皮膚炎は、乾燥肌あるいはアトピー性疾患をもっている人に多くみられる症状です。


アトピー性皮膚炎




アトピー性皮膚炎の一環として、頭皮湿疹が現れている場合も。

頭皮だけでなく、眼のまわり、肘や膝の裏、耳などにも湿疹が出ているケースが多いようです。


接触性皮膚炎




シャンプーやトリートメント、整髪剤が頭皮に合わず、炎症を起こしている可能性が。

皮膚に接触した刺激、もしくはアレルギーの症状として頭皮湿疹が現れることを「接触性皮膚炎」といいます。

自宅でできる簡単セルフケアについて

頭皮湿疹は、ケアをせずそのままにしてしまうと、かゆみが増して治まらなくなります。



かゆい時の応急処置


どうしてもかゆみが抑えられない場合は、水もしくはぬるま湯で傷をつけず軽くやさしく洗い、少し離して遠くから髪の根元をドライヤーで乾かすようにしましょう。


頭皮湿疹を抑える栄養を摂取


ビタミンBが不足すると頭皮湿疹を悪化させてしまう場合があります。
ビタミンB群は、集合体で摂取するのが望ましいです。

ビタミンB1:糖質をエネルギーに変える。不足すると疲れやすくなる。
ビタミンB2:脂質をエネルギーに変える。不足すると倦怠感が生じたり、疲れが取れにくくなる。
ビタミンB6:たんぱく質の代謝を助ける。不足すると、皮膚炎や口内炎、貧血、脂肪肝になる。
ビタミンB12:悪性貧血(全身のだるさやめまい、動悸、息切れが特徴)の予防に有効。

ビタミンB群の摂り方

B1の多い食品は、穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類など
B2の多い食品は、レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類など
B6の多い食品は、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉など
B12の多い食品は、魚介類やレバーなど

面倒な場合は、サプリメントなどの利用もおすすめです。



普段から使っているシャンプーを切り替える


また、普段使用しているシャンプーやトリートメントを頭皮湿疹用の商品に切り替えてみるのも検討しましょう。

以外に今使っているシャンプーが頭皮湿疹に合わない場合が多々あります。

また、頭の装飾品や整髪剤の使用は避けましょう。


頭皮湿疹を、ほっといては治りませんし、余計悪化します。

ケアをしなければ、改善していきません。

早めの対策を心がけましょう!

▼頭皮湿疹などのかゆみに▼